アルゴリズムとかオーダーとか

仕事で勉強したことなどをまとめてます

RLPとMerkle Patricia Tree(Trie)

今回はEthereumで用いられている2つのデータエンコード方式、RLP(Recursive Length Prefix)とPatricia Tree(Trie)について説明します。

  • RLP(Recursive Length Prefix)
    • 概要
    • 接頭辞の種別
    • 具体的な使用例
  • Merkle Patricia Tree(Trie)
    • 概要
    • 前提:基本的なRadix Trie(基数木)の定義
    • Merkle Patricia Treeのノードとprefixの種別
      • ノード種別
    • leafとextensionを区別するための識別子
    • Patricia Merkle Treeの各ノードのハッシュ値の求め方
    • 具体的な使用例
    • Merkle Patricia Treeの構造の具体例
  • まとめ
続きを読む

Devcon5 - Day 3 Rough Report

  • 1. Optimization techniques for EVM implementations
  • 2. (e)WASM Code Golfing - Below Par with Nim
  • 3. Yul, eWasm, Solidity: Progress and Future Plans
  • 4. Wasm Precompiles for Eth 1.x
  • 5. EVM Roundtable: Everything You Wanted to Ask, But Were Afraid To
  • 6. Monitoring an Ethereum infrastructure
  • 7. Pentesting Ethereum Contracts: Exploring a Honeypot Contract Using Ganache

1. Optimization techniques for EVM implementations

3日目の今日は朝からEVM関連セッションが連続であり、全てB7 Roomだったので朝一からB7に篭ってた。
で、最初はevmone作者のevm実相寺におけるoptimizationの話。

続きを読む

Devcon5 - Day 2 Rough Report

  • 1. Welcome Ceremony ~ key note sessions
  • 2. Eth 1.x Explained
  • 3. Eth 2.0 tldr
  • 4. Ewasm: Past, Present, Future
  • 5. Lightning Fast Light Clients for the Future of Ethereum
  • 6. Eth 2.0 Light Clients: How Light is Light?
  • 7. How Do We Make Dapps as Secure as the Underlying Ethereum
  • 8. ERC725 - The Future of On-Chain Interaction
  • 9. Not Safe for Work: Smart Contract Vulnerabilities and Getting Started with Vyper
  • 10. Ethereum And The Law
  • ad. マスタリング・イーサリアム(邦訳)発売

1. Welcome Ceremony ~ key note sessions


午前中はメインホール(?)のA2でウェルカムセレモニー〜Key note sessionを聞いた。ツイートにある通り、同時通訳を行われるので、レシーバーを受け取って会場へ。

続きを読む

Devcon5 - Day 1 Rough Report

  • 0. Registration
  • 1. State Channels Sumit: B10
  • 2. An EVM-Based Formal Rules Language: B3 (だとおもう。。)
  • 3. Japanese, Human-Readable Smart Contracts: B3
  • 4. Building a Formally-Verified DApp with the Reach DSL, today!: B3
  • 5. WASM and Rust: Building Blocks for Blockchain: B3
  • 6. Decentralized UX Problem Solving with Bounties Network and Rimble: B3

0. Registration


チケットは事前に準備してたので、registrationは難なく突破。

続きを読む

EIP-1679 istanbulで導入候補のEIPを整理する その4

今回も引き続き、福岡ブロックチェーン勉強会#29 エキスパートコースでQ&A形式で発表した、EIP-1679についてまとめていきます。
github.com

本記事は連載記事となっております。よろしければ前回の記事もご覧ください。
y-nakajo.hatenablog.com
y-nakajo.hatenablog.com
y-nakajo.hatenablog.com

このEIP-1679は次のEthereum1.0のアップデートであるIstanbulで導入されるEIPについてまとめたものです。EIP-1679は現在はまだ導入される候補(Proposal)EIPをリストアップしたものであり、この中から期限までに実装可能で十分にテストされたものだけが、最終的にIstanbulとしてEthereumに導入されます。
リストをみてわかる通り、多くのEIPが候補に上がっており、また似たようなEIPも多数含まれています。引き続きこれらのEIPをカテゴライズしながら紹介します。

続きを読む

EIP-1679 istanbulで導入候補のEIPを整理する その3

今回も引き続き、福岡ブロックチェーン勉強会#29 エキスパートコースでQ&A形式で発表した、EIP-1679についてまとめていきます。
github.com

本記事は連載記事となっております。よろしければ前回の記事もご覧ください。
y-nakajo.hatenablog.com
y-nakajo.hatenablog.com

このEIP-1679は次のEthereum1.0のアップデートであるIstanbulで導入されるEIPについてまとめたものです。EIP-1679は現在はまだ導入される候補(Proposal)EIPをリストアップしたものであり、この中から期限までに実装可能で十分にテストされたものだけが、最終的にIstanbulとしてEthereumに導入されます。
リストをみてわかる通り、多くのEIPが候補に上がっており、また似たようなEIPも多数含まれています。引き続きこれらのEIPをカテゴライズしながら紹介します。

続きを読む

EIP-1679 istanbulで導入候補のEIPを整理する その2

今回も引き続き、福岡ブロックチェーン勉強会#29 エキスパートコースでQ&A形式で発表した、EIP-1679についてまとめていきます。
github.com

本記事は連載記事となっております。よろしければ前回の記事もご覧ください。
y-nakajo.hatenablog.com

このEIP-1679は次のEthereum1.0のアップデートであるIstanbulで導入されるEIPについてまとめたものです。EIP-1679は現在はまだ導入される候補(Proposal)EIPをリストアップしたものであり、この中から期限までに実装可能で十分にテストされたものだけが、最終的にIstanbulとしてEthereumに導入されます。
リストをみてわかる通り、多くのEIPが候補に上がっており、また似たようなEIPも多数含まれています。引き続きこれらのEIPをカテゴライズしながら紹介します。

続きを読む